サツマイモ・栄養素・効果

サツマイモに含まれる栄養素と効果

サツマイモに含まれる栄養素と効果についてのまとめです。
ホクホクと甘くておいしいサツマイモについて色々勉強をしてみましょう!

 

 

サツマイモに含まれる主な栄養素

栄養素 100gあたり
食物繊維 2.2g
ビタミンB1 0.11mg
ビタミンB5 0.90mg
ビタミンB6 0.26mg
ビタミンC 29mg
ビタミンE 1.5mg
カリウム 480mg
カルシウム 36mg
マグネシウム 24mg
リン 47mg

 

サツマイモは、ヒルガオ科サツマイモ属の植物です。
主に肥大した根の部分を食べますが、それ以外にも、茎や葉も食べる事が出来ます。

 

サツマイモの原産地である南アメリカ大陸から日本への伝来の歴史は、
1498年にイタリアのコロンブスがベネズエラを訪れたのを皮切りに、
1519年にポルトガルのマゼランがマゼラン海峡を発見し、
16世紀に南アメリカ大陸にやってきたポルトガル人やスペイン人によって、東南アジアにサツマイモが伝わり、フィリピンから中国に伝わりました。
その後1597年に宮古島。17世紀初頭に琉球⇒九州⇒本州へと伝わってきました。

 

サツマイモは非常に繁殖力が強く栽培しやすいのが特徴的です。
(痩せた土地でも比較的育ちます。)
春に苗ツルを植えて晩夏から秋にかけて収穫を行います。

 

サツマイモの調理方法としては、
ふかし芋や煮物や天ぷらやマッシュポテトや栗金団にして食べるのが一般的です。
さらにサツマイモは、焼酎の原料や豚の飼料にもなります。
葉や茎も炒め物や佃煮やかき揚げやおひたしにして食べる事が出来ます。

 

サツマイモの効果・効能は以下になります。

成分 効果・効能
デンプン デンプンの量が非常に多く、エネルギー源としても適しています。
ビタミンC 加熱しても壊れにくいビタミンCが多く含まれています。(風邪予防、癌予防、美肌や疲労回復効果などがあります。)
食物繊維 食物繊維の量自体はそれ程多くは含まれておりませんが、食べる量自体が多いので、結果的に便秘改善に効果があります。

(さらにサツマイモを切った時に発生するヤラピンと呼ばれる白い液体には、腸内の蠕動運動を活発にしてくれる働きがあります。)

ナトリウム 血液中の余分な塩分を排出してくれる働きがあるので高血圧に効果的です。
ビタミンE 抗酸化成分なので、免疫力アップ・生活習慣病の予防・美肌効果などがあります。
βカロテン ビタミンEと同様に抗酸化成分なので、免疫力アップ・生活習慣病の予防・美肌効果などがあります。