きゅうり・栄養・効果

きゅうりに含まれる栄養と効果

きゅうりに含まれる栄養と効果についてまとめてみました。

 

きゅうりに含まれる主な栄養素

栄養素 100gあたり
ビタミンA 5マイクログラム
ビタミンB3 0.098mg
ビタミンB5 0.259mg
ビタミンC 2.8mg
ビタミンK 16.4マイクログラム
カルシウム 16mg
マグネシウム 13mg
リン 24mg
カリウム 147mg

 

 

きゅうりは全体の約9割が水分で出来ています。
その他ビタミンCやカリウムやマグネシウムなどの栄養素が含まれていますが、総じて含有量は低いです。
よってきゅうりは『最も栄養価の低い食べ物』と揶揄される事も多いです。

 

その他きゅうりに含まれる酵素「アスコルビナーゼ」がビタミンCを破壊する働きがあると言われています。
(そう言う意味では少しやっかいなお野菜かもしれません。)

 

きゅうりの代表的な効果について

水分』きゅうりに豊富に含まれている水分によって体を冷やす働きがあります。(熱中症や夏バテに効果的です。)
ただし食べ過ぎると逆に体を冷やし過ぎてしまいますので注意が必要です!

 

カリウム』利尿作用があるので体の中の塩分を排出してくれる働きがあります。(高血圧やむくみや解毒や二日酔いに効果的です。)

 

ビタミンC』抗酸化作用によって肌の老化を防ぐ働きがあります。(シワやシミやたるみに効果的です。)

 

リグナン』癌を予防してくれる働きのある成分です。

 

ピラジン』血栓を予防してくれる働きがあります。(脳梗塞・心筋梗塞・脳卒中に効果的です。)

きゅうりの利用方法は基本的にサラダにしたり、炒めたりして食べるのが基本ですが、
きゅうりの輪切りを顔にのせて「きゅうりパック」を行う事で、きゅうりに含まれる水分とビタミンCの働きにより、

日焼け肌の鎮静化
シミ
肌を引き締める
保湿

以上のような美容効果もあります。
よって是非あなたもきゅうりを食べる意外にも美容アイテムとしても活用してみて下さいませ。