野菜の癌予防効果について

野菜の癌予防効果について

野菜の癌予防効果について紹介致します。

 

野菜には癌予防効果となりうる有効成分が豊富に含まれています。
その有効成分を一つずつみて行きましょう。

 

ファイトケミカル

 

緑黄色野菜を中心にファイトケミカル(抗酸化成分)が多く含まれています。
ファイトケミカルの代表的な成分としては、
ポリフェノール、カロテノイド、βカロテンなど。

 

ファイトケミカルは癌の発生原因でもある活性酸素を除去してくれる働きのある成分です。

チェックファイトケミカルを多く含む野菜
[人参、ピーマン、カボチャ]

フマール酸

 

アメリカの研究によるアブラナ科に含まれるフマール酸は肺癌を予防する働きがある事がわかっています。

チェックアブラナ科の野菜
[カブ、キャベツ、ハクサイ、小松菜、]

カルコン・クマリン

 

セリ科の野菜に含まれるカルコンクマリンという成分に、発ガン予防作用があるという臨床データーがあります。

チェックセリ科の野菜
[明日葉、セロリ、パセリ、ミツバ、セリ]

食物繊維

 

身体の老廃物や有害物質を腸の中でからめとって体外に排出してくれる働きがあります。

チェック食物繊維の多い野菜ベスト5(100gあたり)

 

@紫蘇(8.9g)
Aパセリ(6.8g)
Bゴボウ(6.1g)
Cモロヘイヤ(5.9g)
Dグリンピース(5.9g)

ビタミンC

 

ビタミンCも抗酸化作用のある成分の一種です。

チェックビタミンCの多い野菜ベスト5(100gあたり)

 

@赤ピーマン(179mg)
A黄ピーマン(150mg)
Bパセリ(120mg)
C唐辛子(120mg)
D芽キャベツ(110mg)