野菜の糖尿病効果について

野菜の糖尿病効果について

野菜には糖尿病に対してよい効果があります。

 

その理由は、

@低カロリーなので糖尿病のお食事には欠かせない。
A野菜から食べる事によって、インスリンや血糖値の上昇を抑える事が出来る。
B野菜に含まれる食物繊維は胃の中で膨らむ為に満腹感が得られる。
C野菜に含まれるフラボノイド(抗酸化成分)は糖尿病に効果的。

 

食事の順番が重要です。

 

血糖値を上げない為にも食事には食べる順番があります。
まずは血糖値が上がりにくい野菜(生野菜or温野菜)から食べる事が重要です。

 

順番としては、

野菜⇒おかず⇒ご飯or麺類orパン

お米や麺類やパンなどの炭水化物は血糖値が上がりやすいので一番最後です。
食事の最初にお野菜をお皿1杯分を目安によく噛んで食べるようにしましょう。
(そうする事によって胃の中で食物繊維が水を吸収して膨らむので満腹感を得る事ができます。)
わかめやヒジキなどの海藻類。キノコ類でもお野菜と同じ効果があります。

 

糖尿病によいと言われる野菜の紹介

[たまねぎ]

 

たまねぎには血糖値を下げる働きのあるミネラルが豊富に含まれています。

 

[オクラ]

 

オクラに含まれるネバネバ成分が、血圧や血糖値を下げる働きをしてくれます

 

[アロエ]

 

アロエに含まれる「アルボラン]はインスリンの分泌を活発にして血糖値を下げる働きがあります。

 

[トウモロコシ]

 

トウモロコシにはビタミン、ミネラル、食物繊維が豊富に含まれており糖尿病に効果的です。

 

[キノコ類]

 

低カロリーで食後の血糖値を抑えてくれる働きのある食物繊維が豊富に含まれています。

 

[海藻類]

 

ビタミンやミネラルや食物繊維が豊富に含まれています。