食事の野菜の食べる順番について

食事で野菜は何番目に食べればいいの?

食事の野菜の食べる順番について

 

結論から先に述べると、
食事で最初に食べるのは何はさておき野菜から食べるようにしましょう!

 

順番的には、

野菜⇒おかず(肉や魚)⇒炭水化物(パンやごはんや麺類)

野菜を真っ先に食べる理由は、
野菜を先に食べる事によって、血糖値の上昇を抑えてくれる働きがあるからです。

 

特に肥満や成人病の大敵である血糖値は、
肉やご飯や麺類などを食べるとすぐに上昇します。

 

血糖値が上昇するという事は、
つまり同時に膵臓からの「インスリン」の分泌も上昇します。
(血糖値を低く抑える為に。)

 

このインスリンが実はくせ者です。
インスリンが必要以上に増えると脂肪細胞が増えるので肥満や成人病になりやすくなるからです。

よって食事では野菜を1番に食べる事によって、

 

その後にご飯やお肉を食べても消化・吸収に時間がかかるので、
血糖値の上昇を緩やかに抑えてくれる働きが期待できる訳です。

 

また野菜を前菜で食べる事によって、
お肉の脂肪を胃の中で野菜の食物繊維がからみとってくれますし、

 

野菜の食物繊維が胃の中で膨らんで満腹中枢が刺激されて、
食事の量を減らす事ができると言ったダイエット効果も期待できます。

 

太りたくないあなたは、最初にキャベツの千切り野菜を沢山食べるようにしましょう!

フランス料理は前菜でお野菜が一番最初に出てきますが、
上記の意味を踏まえると、
まさに理にかなった料理をお出しする順番だと言えます。