野菜は加熱すると栄養が失われる?効率的な調理方法は?について

野菜は加熱すると栄養が失われる?効率的な調理方法は?

野菜を食べるなら効率的に栄養をとりたいものです。

 

その為にはやはり加熱して食べるよりも生で食べた方がよいのか?
疑問が残ります。

 

もちろん、じゃがいもやさつまいもやカボチャは煮ないと食べ辛いという点もありますが、
果たして基本野菜は生で食べた方がいいのでしょうか?

 

以下にポイントをまとめてみました。

 

ファイトケミカル

 

緑黄色野菜に多く含まれている抗酸化成分である、
ビタミンCやルテインやゼアキサンチンなどは、
熱っすることによってその栄養が壊れてしまいます。

 

セルロース

 

野菜にはセルロースと呼ばれる硬い細胞膜で覆われています。
しかし火を通す事でこの細胞膜が壊れて野菜の栄養が消化吸収しやすくなると言った利点があります。

 

脂溶性ビタミン

 

油で炒めるとビタミンEやビタミンKやβカロチンなど脂溶性ビタミンの吸収率が高まります。

 

まとめ

 

以上の点を踏まえると、
野菜は加熱をするとメリット&デメリットの両方があります。

 

よっていちいち気にするよりも、毎日の食生活の中で、
生野菜、煮物野菜、炒め物野菜と色々な調理方法で食べるのが野菜の栄養を効率よくとる為の一番の方法なのではないでしょうか?

 

ワインポイント調理方法

チェック電子レンジを効率的に活用すれば短時間で熱が加えられるので熱に弱いビタミン類の流失が防げます。

 

チェック野菜は生でたべるよりもすりおろして食べた方が細胞膜が壊れやすくなるので効率的に栄養がとれます。

 

チェック水溶性の野菜を、おしたしで食べる場合は限りなく少ない水で湯がいた方がビタミンの流失が少なくてすみます。

 

チェック野菜はゆでるより蒸して食べる方が効果的に栄養がとれます。

 

チェック野菜ジューサーは低速タイプのモノを選ぶようにしましょう!(野菜のもつ酵素は熱に弱いので。)